キャリアアップが目的の転職なら転職先の選別には注意

ある程度の年齢になり、もうスキルを磨くような意欲もなくなり、ただただ医師としてのキャリアの終盤を守ろうと保守的に転職するのであれば、それはそれで賢い選択となるのかもしれません。

しかし、そうではなく、転職によって自らの知識を広げ且つ技術を積み上げたいと考えているのであれば、転職先の選別には非常に気を遣う必要が出てきます。

医師のスキルというものは、診療の積み重ねによって身につくものです。
また、多くの症例・患者に触れることで蓄積されていくもの。
知識や技能をアップさせることを目的とするのであれば、診療や症例、こうしたものの数や質が充実した医療機関への転職が必須です。

にもかかわらず、医師の求人の中には、決してそのような環境に及ばないと見られる医療機関も少なくありません。

  表面上の情報だけで転職し失敗したケース

管理業務を中心としていて、診療スキルが身につくでしょうか。
実際に、このような事例があります。
ある医師の求人には外来、手術、そして管理業務が任されることが記載されていましたが、いざ転職してみたら大半の仕事が管理業務であり、とても臨床経験を積めるような状況にはありませんでした。

そんな医療機関に転職してしまったある医師は、求人の表面的な情報だけで転職を決めてしまったために、このような失敗を被ることになったわけです。

また、別の事例で、自身の自負する能力と市場価値とに乖離があったために転職を失敗してしまった医師もいます。
その医師自身は能力が高く経験も豊富であると感じていました。
確かにそれなりに経験は積んでいたのですが、新たに医師を募集していたある医療機関が本来望んでいたほどの能力を備えていなかったがために、採用はされたものの、管理業務(といっても現実は重要な症例を任せてもらえないケースだったのですが)中心の毎日が待っていたという事例がありました。

この事例では、採用した医療機関側にも問題はあったのかもしれません。
しかし、実際の能力と市場価値に乖離があれば、転職後にこのようなケースに陥ってしまうことも多々あるのが医師の転職というもの。

当然、診療スキルは身につくわけもなく、両者のギャップは乖離したまま。
医師としてのキャリアプランの見直しも迫られることになってしまいました。

医師の求人のみを眺めていると、なぜか自分のことを呼んでいるような、そんな錯覚に陥るものです。
また、やはり表面上のことしかわからず、その医療機関の実態は掴むことができません。
そこに重要な点が隠されているにもかかわらずです。

もし医師としての診療スキルをアップさせるために転職を考えているのであれば、表面上の情報のみに頼るのはやめましょう。