転職のリスクを最小限に抑えるには

医師の求人だからといっても、そこに全て真実が記載されているわけではありません。
全ての医療施設に欠点やデメリットがないことなどあり得るでしょうか。
一般企業と同じく、求人にはいいことしか記載しないのものなのです。

医師の求人には、院内での人間関係や離職率などは記載されていません。
よほど自信があるのであれば記載するところもあるかもしれませんが、そうした求人にはまず出会えないでしょう。
だからこそ、求人ばかりを目にして転職先を決めてはいけないのです。

求人を自ら探し、それのみを信じ切っての転職は、キャリアを傷つけてしまうリスクが伴います。
内情がわからないままに働き始めてしまうわけですから当然です。
転職のリスクを最小限に抑えるためには、コンサルタントに相談するのが鉄則

  コンサルタントに相談し客観的に判断しながら転職の失敗を回避

かく言う私もコンサルティング業務を行なっていますが、転職に失敗した医師たちも続々と私の元を訪れます。
そうした医師たちは、決まって医師の求人の内容のみを信じて応募し転職しているのです。

ある医師は、「当直なしと書いてあったにもかかわらず、転職後しばらくして強制的に当直させられた」と訴えます。
当直ありと求人に書けば医師が集まらないために、医療施設はこのようにごまかしながら医師を募集する事例も少なくありません。

またある医師は、「提示された給与額が非常に高かったため転職したものの、労働環境は最悪で人間関係の問題が非常に深刻だった」と訴えていました。
これがまさに求人には現れない負の部分。
その病院はとても離職率が高く、すぐに医師が辞めていってしまう環境だったのです。

医師は転職を決意すると、それしか見えなくなります。
つまり、全てを主観で決め、時に自分に都合のいい解釈をしてしまうのです。
コンサルタントに相談をすれば、全て客観的に見ながら判断をすることができるため、転職の失敗を回避することができるでしょう。

私もそれを強く意識していますから、時には、「あなたの転職すべきタイミングは今ではないのではないか」などと助言することも少なくありません。
客観的に見れば転職に適さない医師も実際におり、キャリアをより良いものにしていくためのタイミングを一緒に考えることも私たちの重要な役割なのです。

  コンサルタントは医療施設の内情を把握している

ちなみに、私たちコンサルタントは各医療施設の内情、つまり人間関係や離職率などの情報も少なからず持っています。
必要に応じて転職を希望する医師たちにその情報も提供しているのです。

ありがたいことに、転職を思いとどまった医師から感謝されることも。
「もしあの時早まって転職していたら絶対にキャリアが台無しになっていた」と言われたこともあり、コンサルタントに相談し一緒に転職を考えていくことの重要性を感じてもらえた時ほど嬉しい瞬間はありません。

転職の失敗事例を他人事だと思わない意識も重要です。
明日は我が身ですから、転職のリスクを回避したいのであれば、まずはコンサルタントに相談し、アドバイスを仰ぐことを優先させましょう。